読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live And Let Die

Microsoft エバンジェリストのブログ&備忘録 渡辺弘之の個人ブログ

Microsoft Cognitive Services を試してみる(2)

今回から、Cognitive Services を活用したUWPアプリの作成手順を紹介していきます。

手順

1.Cognitive Services API 利用申し込み

1-1. まずは、下記URLより Cognitive Services API の利用を申し込みます。申し込む際には、Microsoft アカウントが必要になるので、事前に取得しておいてください。

https://www.microsoft.com/cognitive-services

1-2. "Get started for free" クリック

f:id:hiwatan:20161026135837p:plain

 

1-3. "Let's go" クリック

f:id:hiwatan:20161026135854p:plain

 

1-4. Microsoft アカウントでサインイン

f:id:hiwatan:20161026135902p:plain

 

1-5. "Request new trials" クリック

f:id:hiwatan:20161026135914p:plain

 

1-6. 今回は、"Emotion" と "Face" をチェック

f:id:hiwatan:20161026135921p:plain

 

1-7. "Emotion" と "Face" の APIが利用できる準備が整いました。後ほど出てくるプログラム(C#のコード)の中で、ここに記載されているKeyを利用します。

f:id:hiwatan:20161026135928p:plain

次回は、Visual Studio でアプリ作成を行います。